育児・子育て

小学生は21時に寝る!こどもの睡眠時間管理は親の責任

最近、睡眠についての文献や著書がたくさん出ていますね。

みのまこブログでも『睡眠を見直そう! 『仮眠』を制する者は『夜勤』を制する。』という記事で睡眠の重要性についてお話してきました。

それだけ、睡眠は私たちの健康や生産性に密接に関わっています。

そして、それはこどもも同様です。

睡眠は学習や成長発達に欠かせないものですよね。

スマートフォンやゲームの普及、塾や習い事など、昔よりこどもの睡眠時間を奪う条件は増えているようにも感じます。

ですが、実は統計上はこどもの睡眠時間の減少は見られていません。

きっと、この背景には親がこどもの休息をしっかりと考えているからこそだと思います。

だからこそ、今一度子どもの睡眠を守るために、親の責任として睡眠について考えていきましょう!

もし、お子さんがあまり早く寝ていないのであれば、少し参考にしていただければと思います。

【結論】小学生は21時には寝よう


小児科医でもある文教大学教育学部の成田奈緒子教授は、小学生ならできれば21時には就寝したほうがよいと言います。

その理由としてあげているのが、成長ホルモンの分泌を効率的にするためには22時に熟眠していることが良いためです。

ゴールデンタイムと言われている時間のことです。

成長期である小学生がゴールデンタイムを活かさない選択肢はない。

それだけではなく、学習後の十分なすいみんをとると、睡眠をとらなかった場合に比べて記憶の定着が良いことがわかっています。

つまり、「寝る間も惜しんで勉強する」というのは最近の研究では正しいとはされていないのです。

では、具体的に早寝早起きの習慣を身につけるためにはどうしたら良いのかお話していきます。

15時以降の夕寝は避ける

大人も同じですが、夕方に寝てしまうと夜眠れなくなっています。

そのため、昼寝をするなら15時ごろまでに入眠して1時間ほどで起こすようにしましょう。

ちなみにですが、昼寝を否定しているわけではありません。

むしろ、昼寝は大切な休息です。

なので、時間をうまく使いましょう。

寝る1時間前はスマホやゲームを避ける

スマホやゲームの液晶から出るブルーライト、小さな画面の中で動く動画やゲームは、脳の刺激を与えます。

脳を興奮状態にさせる効果があり、眠りを妨げます。

動画を見ていたら、寝付きが悪くなった経験はありませんか?

さらに、江戸川大学睡眠研究所の福田一彦教授は、「こどもの眼は水晶体が澄んでいて瞳孔も大きいためブルーライトの影響を受けやすい」と言います。

そのため、寝る1時間前はスマホやゲームを触らないようにしましょう。

暖光の中で、絵本などを読むのがオススメです。

朝の家事を一緒にする習慣をつける


寝つきが悪いと、朝なかなか起きることができません。

そんな時は、朝起きる理由を作りましょう。

学校に行くのはもちろんですが、それまでの間に食器を準備したり、ゴミ出しをしたりなど。

朝起きるリズムを作ることで、夜に早く眠りにつく習慣が自然とつくようになります。

親がこどもの生活に合わせる

ここまで、具体的な方法についてお話ししてきましたが、最終的に大切なことは親が手本になることです。

1日の時間は決まっているので、こどもの時間に合わせるのは非常に難しいものがあるかもしてません。

ですが、「こどもだけ早く寝なくてはいけない」というのはこどもにとってどうか考えてみてください。

夜更かしに興味を持ったり、一人で眠る寂しさもあるでしょう。

だからこそ、せめてこどもが寝付くまで一緒に寝る習慣を行いましょう。

一緒にお風呂に入り、歯磨きをして眠るまでの一連のこどもの動作を親も行うことが大切です。

やらなくては仕事や家事が残っているのであれば、こどもが寝付いてからです。

そして、こどもが起きる時間には、親も一緒に起きてあげましょう。

大変かもしれませんが、こどもに押し付けず時間を共有することを忘れないでください。

まとめ

いかがでしたか?

こどもの成長には睡眠がかかせません。

ですが、親が夜更かししていては、こどもだって夜更かししたくなります。

なかなか難しい部分もあるかもしれませんが、子育ての基本は親が背中を見せることです。

こどもに押し付けるのではなく、親自身が手本になってあげましょう。

こどもの成長期は決まっています。

その大切な期間に、睡眠は切っても離せない関係です。

こどもの睡眠は親が責任を持って管理し、こどもの成長を促してあげましょう。